Global English Site
ボールミルの種類
タイプ フォト 方法・主な特徴 最終製品など
湿式ボールミル 原料を水と共に粉砕。

後工程で脱水・乾燥が必要。

粉砕の粒度は乾式よりも細かくできるが、内張りの摩耗度は乾式より早い。。

セラミックス、ファインセラミックス,その他全般。
乾式ボールミル 水を入れずに原料のみで紛砕。

後工程で脱水・乾燥の必要がない。

モーターの馬力は湿式の2倍ほど必要になるが、内張りの摩耗度は湿式より遅い。

排出するためのシュ―トが必要。
シリカ、アルミナ、鉱物資源一般。
ウォータージャケット式ボールミル ボールミルは粉砕時に熱が発生するので、ミルの回りにもう1巻き缶体を被せそこに水を循環させて冷却する方法です。胴の部分だけでなく鏡板の部分もウォータージャケットにする方法もあります。
湿式・乾式問わずウォータージャケットの取り付けは可能です。
熱変性を受けやすい原料。機能性素材、その他一般
ナイロンボールミル  投入口部分

微量とはいえボールミルの内壁と玉石が粉砕時に摩耗して原料に混入します。
ナイロンミルは樹脂製ですので摩耗して混入しても製品焼成時に窯の高温で燃えてしまいます。
光通信・電子部品・センサーなど
チューブミル 上記のミルは全てバッチ式です。(原料を投入して粉砕が終わり排出するまでがワンバッチです。)
チューブミルは連続式粉砕機で、両端の軸受け部に穴が空いていて片方から原料が入りミルの中を進むうちに粉砕されて(そのため胴部分がボールミルより一般的に長いのが特徴)もう片方の穴から排出されます。
バッチ式のように蓋を取り外したり取り付けたりする必要がありません。
湿式・乾式共あり。
セメント工場
アルミナ原料工場
その他鉱石・原料工場
リサイクル粉砕工場など
当サイトのご利用に当たって プライバシーポリシーについて
中工精機株式会社
〒509-6251
岐阜県瑞浪市日吉町5177-7
TEL 0572-69-1025
FAX 0572-69-1027

E-mail: ballmill@chukoh-seiki.com
Copy right(C) 2013 Chukoh Seiki Co.,Ltd. All Rights Reserved